facebook twitter rss

はなももマラソン

2014/03/17

はなももマラソンに参加。去年に続き、2回目。いやぁ、今回は苦しかった。23キロあたりから足が上がらず、もういつ棄権しようかという状態。暑くて、喉が渇き、水をほしい。
沿道で応援してくださっている人の飲み物を飲んじゃおうかと思ったほど。エイドは5キロごとだったけど、暑い日には3キロくらいでほしい。死にそうになったグアムマラソンを思い出した。
なんとか完走したが、記録は4時間12分8秒。もっと練習しないと。

20140317-2

初参加のメグさんは立派に完走。久しぶりに会ったメグロさん、キタヤさん、イマイさ…んも立派な成績で完走。トシヤさんは東京マラソンに続いて自己ベスト。ついに3時間19分!トヨダさんも足腰を痛めながらも完走。横田君も完走。イヌチヨさんらIJCのメンバーと久しぶりに冗談を言い合い、楽しい時間でした。ユーヤン、オオツカさんら新しいラン仲間とも親密に。
ランというのはおかしい。普段は合わないのに走るというそれだけで仲良くなれる。あっ、山川さんを忘れていたよ((笑)。最後は抜かれてしまいました。花を持たせたんですよ。

アフターは、最後まで残ったノンベーたちと、メグさんの完走、トシヤさんの自己ベストを、恒例の新大久保ハレルヤで。金さん、いつもかって言いましてすみません。

20140317-1

追加:ケビン出口さんも無事完走。アフターは役者仲間のみなさんと。

非情銀行‏ [文庫]

2014/03/12 ,

51Avwf9qlTL._SL480_

僕のデビュー作が講談社から新たに文庫になりました。うれしいです。

非情銀行 (講談社文庫 え) [文庫]

2014/03/12

非情銀行 (講談社文庫 え)
講談社

銀行はここまで非情なものなのか。一人の同僚を失った4人が、「人はコスト」と言い切るトップ経営陣に立ち向かう!これぞ企業小説!

新刊「俺たちは現場に立つ」‏

2014/03/12 ,

51+BFRvE8sL._SL480_

ウェッジに連載していた「大人の社会見学」が宝島文庫から「俺たちは現場に立つ」というタイトルで3月14日に発売です。
就職活動の方や働く人、日本にどんな仕事があるのかと興味を持っている人、お父さんたちの職場に関心のある人、いろいろな人に読んでもらいたいです。

俺たちは現場に立つ ~日本を支える企業力の源泉 (宝島SUGOI文庫) [文庫]

2014/03/12

俺たちは現場に立つ ~日本を支える企業力の源泉 (宝島SUGOI文庫)
宝島社

現代の日本を牽引する、あるいは日本を支える様々な『現場』。小説『金融腐蝕列島』のモデルになったことでも知られる、人気経済小説家・江上剛が、実際に取材に赴き、現場で誠心誠意奮闘する、「ごく普通の人たち」の現場力を描き上げる。江上氏によれば、取材が進むにつれ、その現場で働いているのは、サラリーマンであり、そのサラリーマンの懸命な努力の積み重ねがこの社会を支えているということが、リアルに立ち上がってきたという。本書は、それが感動的な一冊として結実する。